クロード・モネとジョルジュ・クレマンソーのオマージュ


パリの地下道に展示されていた、クロード・モネとジョルジュ・クレマンソーのオマージュです。
これも、色の使い方がお洒落です。

各色の特色

#B8B7B0 (ライトグレー)

特色: ライトグレーは、中性的で落ち着いた色合いです。背景色やアクセントとして使用されることが多く、他の色と組み合わせやすい色です。
印象: シンプル、洗練、安定

#122D67 (ディープブルー)

特色: ディープブルーは深みのある青色で、信頼感や知性を象徴します。コントラストを強調したいときに使われることが多いです。
印象: 信頼、知性、冷静

#B6A507 (オリーブイエロー)

特色: オリーブイエローは、落ち着きのある黄色で、自然や穏やかさを連想させます。暖かさと安心感をもたらす色です。
印象: 自然、穏やか、親しみ

#686969 (チャコールグレー)

特色: チャコールグレーは、中間的なグレーで、重厚感があり、シックな印象を与えます。多くの色と調和しやすいです。
印象: シック、重厚、調和

#7A241C (ダークレッド)

特色: ダークレッドは深い赤色で、エネルギーや情熱を感じさせます。アクセントとして強いインパクトを与える色です。
印象: 情熱、エネルギー、エレガンス

5色の組み合わせのイメージ

この5色の組み合わせは、バランスの取れた調和のとれたパレットを形成します。

全体の印象

バランス: ライトグレーとチャコールグレーが中和的な役割を果たし、ディープブルーとダークレッドがアクセントとなります。オリーブイエローが暖かさを加えています。
用途: このカラーパレットは、洗練されたデザインや高級感のあるブランドイメージを表現するのに適しています。また、コーポレートデザインや高級アパレルにも適した色合いです。
全体的なトーンを落とすと和を連想させるイメージにもなります。

視覚的な調和

ディープブルーとライトグレー、チャコールグレーの組み合わせは、知的でモダンな印象を与えます。
ダークレッドは強いアクセントとなり、視覚的な興味を引きます。
オリーブイエローは、全体に温かみと親しみやすさを加え、冷たい色合いとのバランスを取ります。

デザインへの応用

背景

ライトグレーやチャコールグレーをベースカラーに使用し、ディープブルーやダークレッドをアクセントカラーとして配置。

アクセント

オリーブイエローをアクセントとして使うことで、デザインに柔らかさと暖かみを加えることができます。
このカラーパレットは、シックでありながらダイナミックな印象を与えるため、様々なブランドやプロジェクトに応用できるでしょう。

簡単に出来るSNSマーケティング

関連記事

インターネットビジネス活用方法

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP