シャンゼリゼ通りのカラー

パリのシャンゼリゼ通り101番地にあるルイ・ヴィトンの店舗は、まさにフラッグシップ店です。
ルイ・ヴィトンの幅広い商品を展示し、ブランドのハイエンドなイメージに沿ったラグジュアリーなショッピング体験を提供するようデザインされた、非常に目立つエリアに位置しています。

シャンゼリゼ通りは、海外からの観光客や地元のパリ市民など、多様な人々が集まる主要なショッピングスポットですので、このルイ・ヴィトンの顧客には、ファッションに敏感な個人、象徴的な高級品を求める観光客、高級品と個人的なサービスを求める富裕層などが様々です。
このエリアの高級感あふれる環境と豊富な品揃えは、ラグジュアリーと高級ファッションの両方を重視する客層に支持されています。

クリスチャン・ディオールに関しては、フラッグシップ店はモンテーニュ通りにありますが、パリでも一流の存在感があります。
モンテーニュ通りにあるディオールの店舗は、オートクチュール、プレタポルテ、アクセサリーの洗練されたセレクションで有名で、ブランドのシックなパリの伝統を反映しています。
これらの店舗はいずれも高級ショッピング街として知られるシャンゼリゼエリアにあり、ブランドのイメージに沿ったハイエンドな小売体験を顧客に提供するよう設計されています。


さて、シャンゼリゼ通りにあるマクドナルドに使われているカラーは濃い緑色でした。
シャンゼリゼ通りという象徴的な場所のエレガントで高級な環境に溶け込むためのデザイン戦略とされています。
Studio Norguet(スタジオ・ノルゲ)が主導したデザインは、コンクリートやシートメタルといったシンプルな素材を採用し、光と物質のコントラストを生み出すことに重点を置いています。
このアプローチは、シャンゼリゼの格式ある歴史的な大通りにシームレスに溶け込み、機能的で居心地の良い空間を提供することを目的としているようです。
店舗では毎年180万人近くの顧客に「よりプレミアムでテーラーメイドの体験サービス」を提供し、売上高では世界的にトップクラスを誇っています。
何よりもシャンゼリゼ通りの豪華な環境にふさわしいデザインの重要性を強調していると感じます。
Studio Norguetによるデザインは、ダークグリーンを含む洗練されたパレットを採用し、シックなパリの街並みと調和する、居心地の良さとスタイリッシュさを併せ持つ雰囲気を作り出しています。
ファッションとデザインが街のアイデンティティに不可欠なパリのような都市では、ファストフード店といえども、幅広い客層を惹きつけるために、その土地のスタイルや洗練された要素を取り入れることは極めて重要であるということでしょう。

https://i0.wp.com/personal-brand.net/wp-content/uploads/2024/05/talesw.jpg?fit=300%2C300&ssl=1
Mirage Coloré

シャンゼリゼ通りでは、緑と歩行者への配慮を高めることを目的とした大きな変革が行われています。
このプロジェクトは、より多くの樹木とより広い歩行者エリアの導入が含まれ、大通りを「特別な庭」にする目的があります。
2030年までに完成する予定のこのイニシアチブは、パリの中心部で、より緑豊かで居心地の良い空間にすることで、アベニューのかつての栄光を取り戻すことを目指しています。
デザインは、持続可能性へのシフトを反映しており、パリの都市空間の環境的および美的品質を改善するためのより広範な取り組みの一部です。

簡単に出来るSNSマーケティング

関連記事

インターネットビジネス活用方法

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP