ティファニーのカラートレードマーク色番号について

ブランディング

ティファニーカラーがDICで再現できない理由

平成27年に追加された商標に、「動き、ホログラム、色彩、音、位置、これらの組み合わせ」というのがあります。
1998年より、ティファニーブルーは「PANTONE社PMS番号1837」でカラートレードマークとして登録されています。
日本でも商標に色彩が加わった事に依りPANTONE1837は使用できないようになっています。
PANTONEは世界共通のカラー番号で商品を制作する場合等に必要になりますが配合率が決まっており、日本のDICや印刷物で使うCMYKなどに置き換えることが出来ません。
PANTONE社からも配合率は公開されていませんので、再現したくても出来ないという事になります。
日本の企業で色彩を商標登録しているのはトンボのMONOや、三菱鉛筆などがありますが色を商標登録するには、「色と形などの組み合わせ」など条件や審査が厳しいので、登録者は少ないのが現状です。
ティファニーブルーは誰もが知るオーシャンブルーのような爽やかなブルーで、何十年もの間ブランドカラーとして使われてきています。
色を見ただけでティファニーを連想する人も多いかもしれません。
私は今のところ単色で商標登録をしている企業を、ティファニー以外に知りません。

パーソナルブランディングとイメージカラー

商品やキャラクターなどで、イメージカラーを決める事はありますが個人をブランディングする時にも役立ちます。
「どんなイメージ」に自分をブランディングするか、というアイデアにもなりますので参考にしてみてください。
DICカラーデザインのサイトに詳しく書かれているページがありましたので、御紹介します。
●カラーイメージを味方につける
●DICカラーデザインビジネス資料

服を買う時に無意識に似たようなデザインや色のものを購入する事が良くありますが、色に関しては好みというより「無難」「習慣」で選ぶ傾向が多いように感じます。
クローゼットを見ると制服のように黒ばかり。という話や、思い切って明るい色を買おうと思っていても結局はベージュ系を買ってしまうなど、よく聞く事です。
身につける色で行動が変わる、という話も聞いた事がありますので色の研究をしたりプロに相談して自分を表現する色を知るのも良いかと思います。

ちなみに弊社のロゴカラーは若草色のようなブライトグリーンとシルバーカラーのコンビネーションですが、これは長年アーティストのディレクションをされてきたグラフィックデザイナー・西本和民氏が私のパーソナルイメージカラーで作って下さったものです。弊社のパーソナルカラーにもなっており、個人的にもパーソナルカラーを意識するようにしています。

わたしを、
デザインしてください。
OEM専門企画室

関連記事

海外のドロップシッピング活用方法

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP