自由の意味を理解できていなかった自分

QOL

写真で作るストーリー

4,5年ほど前に別事業として”スタジオテイルズ”という写真スタジオをスタートしました。
「モデルさん(お客様)に1日張り付いて、フォトストーリーブックを作る」という、個人の写真集制作するのがサービスです。
今の”素の自分”を残すのがテーマで「年々変わる表情を残せたら、良い一生の物語が出来るだろう」と思ったわけです。
私は日頃から、借りた衣装や化粧して作った顔ばかりを撮る写真文化に違和感があり、なぜ自然体やヌードを写真で残すサービスがないのかと疑問に思っています。
周囲にも聞いたことがありますが、日本人は他人がしない事は敬遠するので需要がないという意見が大半でした。
ただ一人、JPAの棚井文雄副会長から「日本の写真業界の為に、絶対にやるべき。」と言われた言葉が背中を押してくれました。
海外生活に慣れているセレブ系の方々はヌードにも積極的で、興味を持ってくれた知人が数人いました。周囲にも大きな影響力があります。
テレビ局のディレクターからの提案で「”富裕層女性に人気のヌード写真家”という名目で、特番を作ろう。」という話もあり準備は整いつつありました。

そんなある日、私は急に気持ちが乗らなくなり全て止めることにしました。
中止した切っ掛けは、そもそも「お客様からお金をいただいて、写真を撮る」という事は、どういうことか。と考えた結果、撮影者の私から見た被写体と御本人の「自分のイメージ」は恐らく異なるだろうと思い始めたことでした。
私は私の感性で撮影したいので、ひたすら「望まれる写真」を撮り続ける”カメラマン”にはなれない。良い未来像が見えないことに気付いたのです。
逆に、自分の感性を売りにするということも考えましたが、それは自分をアーティストと掲げてお金を戴くという事。
ロクな実績もない自分を商品化する事は詐欺行為に近く、想像するだけで厚かましさに赤面します。
いったい自分は何を目指しているのか。根本から何か間違ってるのではないか。
要するに相手の望む写真は撮れないし、撮りたくない。「自分は、お金を貰って写真を撮る事が苦痛なのだ。」と分かったのです。

(4年前、ポージング指導で丸ごと好奇心(広島テレビ)出演。当時テレビ出演の依頼が多かった。)

写真に固執する日々

それから数年間、写真が好きな私はどうにか写真に寄り添っていたくて、廃校になった校舎を写真館にする企画や写真カレンダー企画など試行錯誤を繰り返していましたがエラーの連続。
どんな立派な人と仕事が進みそうになっても、「そこは違う。」と思い始めると譲ることが出来ず、もうダメです。
「きっと私は写真に対するこだわりが強すぎるのだ。思い入れが強すぎる事は仕事には出来ない」と分かりました。人間関係まで壊れてしまいます。
何でも受け入れる性格だと思っていましたが、そのような自分の一面を自覚したのは、割と最近の事です。
自分の事は割と知らないもんだなと思います。

そもそも私の会社は商品企画制作、輸入会社です。私はブランドマネージャーです。
写真に執着しすぎると仕事にならないので、いい加減に目を覚まさなければ。ということです。

振り出しに戻る

写真から距離を置こうと決心して、1年以上経ちました。
相変わらず写真関連の人たちから連絡は頂きますが、極力それに関する時間を割かないように気を付けています。
そんな中、クライアントさんの依頼でバッグのサンプルを作る機会があり、自分のフォトコラージュ作品をデザインに使いました。
担当者に、そのサンプルと提案書を渡した時に
「このデザインは変わってますね。どこのブランドですか?お洒落ですね。」
そう言われて、とても驚きました。
イメージサンプルで作ったものだったので、デザインは後で差し替えるつもりでした。
結局そのコラージュ作品を少し手直ししたデザインが採用になり、12月のイベントでコラージュデザインのクリスマスショッピングバッグが販売されることに決まりました。

自分が知らない自分を見つける事

”そうだった、カメラメーカーに勤務してた頃、そもそも自分はフォトコラージュを商品化したいと思って起業したはず。
結局、商品の制作だけが仕事になり、コラージュには何故か目を向けない様にしていた。
それは何故か。”

私がコラージュを封印したのも、写真から距離を置いたのも、理由は同じような気がしました。

作品は自分が信じている世界、自分そのものだ。
他人が満足する写真を撮りたいと思ったことは一度もない。評価されたいと思った事もない。
ただ、認められたいとは思わなくても、自分の世界観を誰かに否定されたくはない。”

これが本音です。
私は自分の世界を表現した作品を他人にさらけ出すのが怖かったのです。
それは全裸の肉体を公開する以上の恐怖です。
ですが、作品とデザインは違います。
私という個体が作品を作り続け、会社がデザインとしてアレンジする事でシナジーが生まれます。
モノづくりを続けてきた自分の会社と自分の作品をコラボレーションする事は原点の発想です。
長年の迷いから解放された気持ちになりました。
会社の経営者である自分の立場が、自分のクリエイティビティを閉じ込めていたのかも知れません。

こうして、リベンジすべくスタジオテイルスを復活させる事にした今、気付いたことがあります。
「好きなように撮って自由に表現していけばいい。」
周囲には散々伝えてきたことですが、誰よりも出来ていなかった自分がここにいました。
フォトコラージュの素材は写真だ。という妙に律儀な考えや、経営者の鎧を付けた私自身が「自分の世界」を持つことを許さなかった気もします。
何より、写真界の「本物と偽物」をジャッジし合う強烈な派閥に触れ、表現することに臆病になってしまったという事です。
世間の定義や風潮に翻弄され、難しく考えすぎていたのでしょう。

自分自身に抑圧されていた自分を見つけ、長年のモヤモヤとした霧が晴れた気持ちです。
肉体的には自由なはずが、とても息苦しい日々だったように思います。

これから先もきっと「パーソナル」と「パブリック」、「アート」と「デザイン」の狭間で迷い続けるでしょう。
きっと何歳になっても自分の知らない自分がいて、迷う事や分からない事ばかり。生きている限り終わりがありません。
そして、それは誰もが同じなのかも知れません。

簡単に出来るSNSマーケティング

関連記事

海外のドロップシッピング活用方法

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP