一匹狼が人生に勝つ理由

ライフハックな思考術
https://i0.wp.com/personal-brand.net/wp-content/uploads/2022/02/20190712_094421.jpg?fit=300%2C300&ssl=1

日本人の脳は不安になりやすいことが脳科学で分かっています。
不安遺伝子と呼ばれるセロトニントランスポターSS型の人が約70%で、世界一セロトニンの生産量が少ない民族だからです。
その為に日本人は群れる性質がありますが、考え方次第で生き方を変えることは出来ます。
御参考になさってください。

集団=安心ではない

日本人の自己肯定感が世界一低いというのは有名な話です。
これは学校教育の影響でもありますが、脳内のセロトニン分泌量が世界一少ないと考えることが原因とも考えられます。
その結果、マニュアル通り、計画通りに動くのが正しいとされ、多くの人が同調圧力の中で息苦しい人生を送っています。
コロナ禍でも、孤独を感じた人と気楽さを感じた人がいると思います。
気楽さを感じた人は、一匹狼的な考え方で幸せになるタイプではないかと考えます。
逆に、群れるのが楽しいと感じている人には、この記事は参考にならないかもしれません。
活動的な人にとって、急に集団から離れるのは現実的ではないかもしれません。
比較的、難易度の低い「自分と向き合う方法」があります。

楽しい事を書き出す

ひとりで楽しいと思える時間と、大勢の方が楽しいと思える時間があります。
このうち、ひとりで過ごす時間に何をするのが楽しいか書いてみてください。
・ゲーム
・読書
・ネット
・DIY
・ガーデニング
・手芸
・絵を描く
意外と、楽しい事が多いと思います。
他人と過ごす時間に消耗感を感じている場合、とにかく何かを極めようと決めるのです。
極めるほどでも…、と思うかもしれませんが熱中すると脳にドーパミンが増えます。
そして、「もっと極めて役立てたい。」と次の目標が出てくれば、勝ち組人生に前進です。

SNSをやめる

目標が出来ると、その目標に関係のない時間は使いたくなくなるものです。
SNSで有効な人間関係が構築されるなら良いのですが、多くの場合は暇つぶしですね。
知人の発信を観察して影響を受けるのではなく、自分の目標に近い人の影響を受けるべきです。
徐々に頻度を減らす程度でも良いと思います。
ここで「私はこんな事をやってる!」と発信したくなる場合、あなたは群れから離れ切れていません。
それをして自分の為になるなら良いのですが、多くの場合は承認欲求だからです。
発信は物事を極めてからの方が効果的です。

付き合う人を限定する

沢山の友達がいると人生が充実するものではなく、むしろ逆です。
群れる事が楽しいのは、何歳までだと思いますか?
私は、沢山の人に囲まれ、華やかに過ごした人達の孤独な末路を沢山見てきました。
本当に信頼できる人だけを大切にする方が、間違いなく実りのある人生になります。

一匹狼=孤独ではない

「ぼっち」という言葉が流行しましたが、なぜ一人だと惨めに思うのでしょうか。
友達がいない=嫌われもの
友達が多い=人気者
という小学校の時に植え付けられたイメージがあるからだと思います。
群れていることは、友達が多いわけではありません。
私は、どっちかというと一匹狼ですが友達がいないわけではありません。
時間を大切にしている結果、そうなってしまうのです。
重要なのは、実際に力になってくれる人が何人いるか、という事です。

人生のビジョンを考える

人生には大きく役割を分けると3つのステージがあると思います。
①「学ぶ時期」生まれてから社会に出るまで
②「育てる時期」仕事や育児などで自分自身を育てる時期
③「生かす時期」経験を生かす時期です。

生きている限り何かが育っているはずですので、それを生かすことまでが人生だとします。
そうすると自分がどのように生きたいか、見えてきます。

得意な事を見出す

長い間、好きでもない会社の仕事に携わる人は多いものです。
せっかくなので、給料をもらいながら勉強しちゃえばいいのです。
自分の得意分野を一つでも見つけ実績を残す事です。
私はメーカー勤務時代、売り場のディスプレイで何度か表彰されました。
あとは「説得力がある」と上司に何度か褒められました。
失敗も山ほどありますが、得意だったものだけにフォーカスして生かせばいいのです。

得意なことを生かす

私は年配の人と話すのが好きです。
沢山の経験や知識を持っている人が多いからです。
また、時代の違いも感じて勉強になります。
それらは生で聞く事の出来るドキュメンタリーなのです。
ただ残念なことに、その知恵の多くは眠ってしまいます。
私たちは様々な形で発信する術を知っていますので、次世代に伝えるべきだと思います。
それが、自分自身の一生を通した使命になります。

脳が勝手に判断している「好き嫌い」

私たちは脳で判断しますが、それを意識していない人が殆どです。
見た目で中身を判断し、聞いたことを信じ込み、生きています。
経験する前に脳が判断しているので、生きている間に出来ることは多くありません。
今の自分に集中し、自分の軸で考えるようにしましょう。

https://i0.wp.com/personal-brand.net/wp-content/uploads/2022/02/logo7.jpg?fit=300%2C300&ssl=1

「人生をどのように生きたいか。」考えたことはありますか?
目の前の仕事だけに追われていると、「何のために生きているんだろう。」と思う日が来ます。
膨大な時間を費やした職場で得たものは何ですか?
そこには社会に役立つ知識や知恵があるはずです。
「何のために生きるのか。」は自分の脳が決める事です。
自分の人生を真剣に考え、変える事が出来るのは、あなた以外にいません。

あなたのキャンペーンを
してみませんか?
-SNSwall-

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP